記事の詳細

オルタネイトグリップとは,左右のどちらかを順手で握り,もう片方の手を逆手で握る持ち方を言う。オルタネイトグリップは,重いウエイトを安定して保持するための握り方だ。基本的に広背筋の種目,デッドリフトの時にオルタネイトグリップで握るのが一般的で,その効力が分かりやすい。

grip00w

【alternate: 交互の grip: 握る】

オルタネイトグリップの必要性

 まず,パワーグリップリストストラップを使わない前提でお話したい。

先ほどにも言ったが,オルタネイトグリップはデッドリフトで活用されることがほとんどである。しかし,保持力が高いオルタネイトグリップでも持ち手が片方順手と片方逆手のため,人によってはバランスが取りづらく,「オルタネイトグリップが合わない!/苦手」という人もいるだろう。

例えばデッドリフトにおいてオーバーグリップで握ったトレーニングを仮定すると,バーを滑り落とさないために特に握力が必要とされる。従って,人によってはデッドリフトで狙いたい筋肉(背中やハムストリングス)以前に,握力から先に尽きてしまう心配がある。

その場合,ウエイトを落として背中へ効かせるための重量を見つけ出し,同時にオーバーグリップで握力を鍛えるのも1つの考え方だが,パワーグリップやリストストラップを使わない場合,オルタネイトグリップでも十分に握力が必要となる。

また,アンダーグリップはオルタネイトグリップの次に保持力が高い傾向にある。なぜならてのヒラが上へ向くため,落下しにくい握り方になるからだ。この場合にもやはり,オルタネイトグリップよりも握力は尽きやすい傾向にはあるが,そこは焦らずに重量を落として行っていくと良いと考える。

 人それぞれが持つ目的によって様々な握り方でトライできるので,デッドリフトを行う際には「必ずオルタネイトグリップでないといけない」というものは無い。どのような握り方であれ,自分が持つ目的によってワークアウトを試行錯誤していけばいいのだ。

スポンサーリンク

SNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Youtube

youtube1

PR

2014-12-03a11
著者: SR
体重: 57.2Kg(2014-9/10現在)


当サイトでは日々トレーニングで得た気づき,情報/知識のアウトプットを中心に綴っています。,

関連記事

ページ上部へ戻る